ファイザー社のチャンピックスのジェネリックはある?

チャンピックスは、ファイザー社が日本で禁煙補助薬として発売している商品で、海外ではバレニクリンと呼ばれています。ファイザー社は、抗うつ剤やED治療薬など、数々の有名な薬を扱っており、日本でも知名度の高い製薬会社です。アメリカではファイザー社からチャンティックスという商品名で2006年に発売されており、ヨーロッパでも同じ年に発売が開始されました。チャンピックスには2つの大きな効果があります。まず1つ目はニコチン切れの症状を軽くすることです。禁煙時に、急激にニコチンを摂取しなくなるため、イライラやうつ症状など、ニコチンの禁断症状が起きることがあります。タバコを吸った時においしいと感じるのは、脳内にあるニコチン受容体にタバコのニコチンが結合する事によって快楽を感じさせるドーパミンが分泌されるためですが、チャンピックスが従来のタバコのニコチンの替わりに、受容体に結合することで、少量のドーパミンを放出させるため、イライラなどのニコチン切れの症状を軽くする効果があるのです。2つ目に、タバコを吸いたいという気持ちを抑えたり、おいしいと感じさせなくする効果があります。チャンピックスは、ニコチンが受容体に結合するのを妨げて、禁煙中につい一服してしまった時のおいしさや満足感を感じにくくする効果があります。保険が適用されても価格が高くなってしまうため、ジェネリック薬品があれば利用したいと考えている人もいるでしょう。ジェネリック薬品を用いれば、確かに薬代を安く抑えることができますが、チャンピックスのジェネリック薬品は発売されていません。しかし、何らかの理由で保険診療が受けられなかったり、保険診療の条件にあてはまらない、近くに禁煙外来の病院がないなどの場合、個人輸入という形で、正規品を海外から購入することができます。しかし、この場合、あくまで個人で判断しての服用になりますので、充分な注意が必要です。