チャンピックスの外来治療費と禁酒後に禁煙が効果的

禁煙外来ではチャンピックスと言う禁煙補助剤を服用して禁煙の治療を行ってくれます。
チャンピックスはインターネットの通販サイトでも購入する事が可能になっており、特別禁煙外来に行かなくても禁煙補助剤を使用して禁煙をすることも出来ます。

禁煙外来では、外来治療費と言う費用が必要になりますし、通販サイトであれば薬代だけで済むわけです。
しかし、禁煙外来の外来治療費と言うのは保険適用の対象になるのが特徴で、禁煙外来を利用すれば禁煙治療に必要な費用は3割負担で済むと言ったメリットが在ります。

また、チャンピックスは12週間の服用を続けることで煙草が無くても生活をすることが出来る状態に導いてくれるのが特徴です。
そのため、薬代だけでも高額な費用になる事からも、禁煙外来を利用される人も多くいます。

しかし、外来治療費が保険適用になるのは初診から12週目までの費用であること、これ以降の治療費は保険が適用されなくなるので、通販を利用してチャンピックスを服用した方が、禁煙外来での診察料などがかからないので逆に安くなると言った特徴も在ります。

また、途中で治療を止めてしまうと、初診から1年以上経過していないと保険適用にならないので注意が必要です。

所で、喫煙をする人の中にはお酒を飲む人も含まれているのですが、喫煙はお酒を飲む事で本数が増える傾向にあります。
そのため、禁酒後にチャンピックスを服用して治療を行う事で禁煙の効果も高くなるわけです。

チャンピックスを服用する事で煙草がまずくかんじたり、吸わなくても良い状態に導いてくれるのですが、お酒を飲む席などに行くと、周りで喫煙をしている人がいるので自分も吸いたいと言った欲求が高くなります。

そのため、禁酒後に行うのが良いとも言われているのですが、禁酒後と言うのは無理な場合は、お酒を飲む席は控える事も禁煙を成功させるコツの一つです。