チャンピックスとシャワーで吸いたい気持ちを抑える

なるべく楽な方法で禁煙したいのならば、チャンピックスがおすすめです。
チャンピックスは禁煙補助薬のひとつで、ニコチンを含んでいないのが特徴です。有効成分「バレニクリン」が脳のニコチン受容体に部分的に作用することで、離脱症状を抑えて禁煙治療を進めることができます。
「禁煙に楽な方法はない」と思っていた人でも、チャンピックスを使い始めたところ自然にタバコが吸いたくなくなったというケースもあります。
チャンピックスは受容体に部分的に作用することで、少量のドパミンの放出させます。これにより、タバコよりも弱い快感を感じながら治療できます。また、禁煙中に一服してしまった時でも、バレニクリンが受容体に作用している間はタバコのニコチンが受容体にくっつくことができないために、タバコを吸ってもタバコを美味しいと感じられなくなります。なるべく楽な方法でストレスなく治療をしたいならば、禁煙外来でチャンピックスを処方してもらうと良いでしょう。今ではネット通販でもチャンピックスを買うことはできますが、海外の薬は必ずしも安全なものが届くとは限らないので、できるだけ外来処方を選びましょう。
禁煙中にどうしても吸いたくなった時に、喫煙の代わりに別なことをするのも有効な方法です。例えば、シャワーを浴びるのも良いです。なんとなく吸いたくなった時にシャワーを浴びると心身がリフレッシュされて、吸いたい気持ちを抑えやすいです。
熱いシャワーを浴びると、脳を活性化させる効果もあるのでおすすめです。
吸いたくなった時に代わりにやることを決めておけば、その場をしのげる可能性があります。
禁煙までの道のりは決して易しくないですから、気持ちを騙し騙し抑えて続けていくようにしましょう。