チャンピックスの禁煙効果がすごい

チャンピックスは、ニコチンを含まない飲み薬タイプの禁煙補助薬です。
服用を続けていると、徐々にタバコが美味しいと感じられなくなります。むしろ、他人のタバコの臭いを嗅ぐのすら気持ち悪くなるほど、と言われています。
口コミでは、タバコがただの有害な煙にしか感じられなくなる、などの声があります。
これはチャンピックスに使われている、主成分のバレニクリンの作用です。
チャンピックスを飲むと、バレニクリンがニコチンよりも先回りして、脳のニコチン受容体に結びつきます。バレニクリンが完全に受容体からなくなるまでには約1日ほどかかるので、その間はタバコを吸ってもニコチンが結合できないため、ニコチンが入ってきてもタバコを美味しいと感じなくなります。
禁煙できない原因は、脳のニコチン受容体にニコチンが結合して、ドーパミンという快感を生じさせる物質が出るからです。この快感をもっと感じたいと思うために、タバコがやめられなくなってしまいます。
特に、喫煙以外に趣味がない人はニコチン依存に陥りやすいです。他に熱中できることがないため、ニコチンが切れると快感を感じられるものがなくなるので、無理にでもしがみつこうとします。
それが結果的にニコチン依存症を引き起こしてしまう原因になります。
今までにも禁煙補助薬はありました。貼り薬やガムタイプなどの製品です。しかし、これらはどれも禁煙してニコチンが切れた時の禁断症状を抑えるためのものです。つまり、タバコのニコチンではなく、薬でニコチンを補っているだけということになります。
これに対してチャンピックスは、ニコチンを含んでいないのが特徴です。有効成分バレニクリンが結合するとタバコのニコチンの時よりも弱いドーパミンが発されるので、禁断症状を抑えることもできます。
タバコをやめるならチャンピックスが、だんぜんお勧めです。